緑と開放的なスペース エデンガーデン(Eden Garden)がプノンペンで木曜日に正式オープン(6月23日)

緑と開放的なスペース エデンガーデン(Eden Garden)がプノンペンで木曜日に正式オープン(6月23日)

プノンペンにて最新のエンターテインメント・ハブであるエデン・ガーデン(Eden Garden)が、木曜日に正式に立ち上げられました。エデンガーデンは市の中心に位置しており、現在様々な開発が進む湖の埋め立て地に作られました。

Eden Gardenの広さは2ヘクタールにおよび、地元ブランドLegend CinemaEpicナイトクラブを含む27のテナントが入っています。国際的なブランドにはKoiStarbucks、タイのレストランチェーンSPが含まれています。日本関連だとKyoka sushiや北海道チーズトーストが入ってます。

木曜日の記者会見で、エデンガーデンを運営するB.K.E Construction groupのディレクター Faz Ghotbi氏は、同センターには10,000m2の駐車スペースと5000m2の庭があると述べました。

「プノンペンの中心部にはエデンガーデンのように緑地や開放的なスペースに焦点を当てたスペースはありません。エデンガーデンの設計は全ての人のハートに触れる要素を含んでいるので、成功することを信じている」と彼は語りました。

27人のテナントのうち45%はレストランであり、15%は小売点です。

同氏は、観光客なども呼び込むため、エデンガーデンをプノンペンのランドマークとして登録に向けて、観光省と協力する予定だと語りました。

出典 : Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。