総量1,143キロの 偽造 化粧品を押収(6月12日)

総量1,143キロの 偽造 化粧品を押収(612日)

内務省の反犯罪捜査部(Anti-Economic Crime Department)の役員らは、金曜日にMeanchey地区にある偽造化粧品をい違法販売している家に踏み込み、多くの 偽造 化粧品を押収しました。

同部の報告によると、認可を受けずに化粧品を包装して流通させているという理由から、Camcontrol関係者、保健省関係者、地方自治体、検察官などの合同部隊は、Stung Meanchey communeの容疑のある家を家宅捜索しました。

総量1,143キロの様々な化粧品を押収、それらは捜査部に送られました。 家の所有者であるKim Horng(24歳)は、事情聴取をするために連れていかれました。

Long Sreng副所長はこの家宅捜索の内容を Mak Chisos役員に言及しました。Chisos氏によると、「化粧品管理に関する法令で要求されるような明確な情報源やブランドがなく、警察は 偽造 品であると予想していた」と述べていました。

「これらの化粧品には、ブランド名や明確な起源がなく、私は化粧品が 偽造 品であることを100%確信しているわけではありませんが、化粧品の管理に関する法令によれば、これらは 偽造 品とみなされます」

「これらが 偽造 品であるか否かの結論は、より多くの捜査と裁判所による判決の後に結論づけられるだろう」と彼は付け加えています。

Horng氏だけが本ビジネスに携わっており、彼らの製品のターゲット市場は不明です。

4月には、内務省のCounter Counterfeit Committee60トン以上の 偽造 化粧品を押収しました。

出典:Khmer times

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。