約9,000人を対象としたソフトスキルトレーニングコース

労働省職業訓練総局(The Ministry of Labour and Vocational Training (MoLVT))は、プノンペン(Phnom Penh)やカンダール(Kandal)、コンポンスプー(Kampong Speu)、ポーサット(Pursat)にある工場の8,585名を対象にソフトスキルトレーニングコースを実施した。

MoLVTによると、本コースの目的は、生産性や作業効率、仕事場における関係の調和と、産業が元通りになった際の新しい仕事のための準備である。

その2日間のトレーニングコースは、コミュニケーションスキルや交渉スキル、チームワーク、労働基準法、労働争議解決手続、労働者の権利、国家社会保障基金の給付、労働安全衛生(Occupational Safety and Health (OSH))にフォーカスした内容であった。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)