約2か月間の交通違反者7万人越え

 新しい交通法が施行されて以来、51日から622日までの期間で交通警察は、72千人以上の違反者に罰金を科した。

交通警察によると、罰金を科された72,586人のうち、53,220人がバイク、19,336人が車に乗っていた。623日は、交通法違反が857件あり、そのうち、バイクが644台、車が213台であった。また、違反者の多くは、安全ヘルメットやミラーなし運転、違う車線からの信号無視、ナンバープレートなし、携帯を使いながら運転していたバイクの運転手で、車の運転手に関しては、スピード違反や荷物の超過、信号無視で逮捕された。

623日、警察の発表によると、膨大な数の交通違反者の対応をしなければならないが、新しい交通法を促進するために最善を尽くすと述べている。また、徐々に交通法を遵守してくれる人々を称賛しつつ、特に交通法を厳しく施行するために献身的な努力をしている警察官に感謝を表していた。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)