税関がマスクの輸出禁止を解除(5/6)

税関総務省は、全種類のマスクを輸出することの禁止の解除と保健省の許可を求めました。

政府は、カンボジアでのCovid-19の発生のために使用する十分なマスクを備蓄していたと述べました。

5月4日付の省からの手紙によると、政府は王国でのCovid-19の蔓延を管理することができるとのことです。

「税関総務省は一時的に禁止を解除することを決定し、マスクを輸出するために保健省から許可を得る必要があります。」と述べ、措置は直ちに発効すると付け加えました。

火曜日に部局長のクンネムはポストに、一部の企業は米国とEUへの輸出用のマスクを製造しており、禁止の解除は彼らを助けるだろうと語りました。

「以前は、王国で生産されたマスクをカンボジアで使用するために保持する必要があると感じていたため、マスクの輸出を制限しました。しかし、今では十分なマスクがあり、ウイルスは制御されています。」と彼は言いました。

彼は王国で利用できるマスクの正確な数を把握していないと言ったが、彼は何百万もあると疑っています。

国際的な衣服の注文が枯渇して以来、企業は労働者を雇用し続けるためにマスクの製造を始めたと彼は言いました。

彼は、マスクの需要は他のヨーロッパ諸国の中でも特に米国、オーストラリア、ドイツで増加していると述べました。

3月下旬、同省はウイルスの蔓延を防ぐための対策を講じ、アルコール消毒剤、消毒ジェル、およびすべての種類のマスクなどの特定の製品を輸出する前に、保健省の許可を得るよう企業に要求しました。

企業はこれらの製品を輸入する許可も必要です。

カンボジア国務長官、ヨーク・サンバス氏は4月、カンボジアには1100万枚のマスクがあり、国の需要を満たすのに十分だと述べました。

(出典:The Phnom Penh Post)