移民に関する新法案が審議

移民に関する新法案は、今週初めにプノンペンで開かれた省庁会議で、特別機関の担当大臣であるAng Vong Vathana議長の下、関係機関の参加者と議論された。

法案は、既存の法律を改善し、新たな状況に適合する仕組みで、カンボジアに住む外国人の管理を推進させることを目的としている。

内務省国務長官であるSok Phal氏によると、同省の担当者は、1994年以降に採択された移民法に関する新しい法案を作成しているという

 (各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)