省庁 干ばつの原因を突き止める(11月19日)

省庁 干ばつの原因を突き止める(11月19日)

 

水資源省は昨日、いくつかの州で発生した一連の干ばつの主な原因である気候の変化が、現在実行可能な解決策を見出していると発表しました。

今年の梅雨期が例年よりも早く、過去数週間にわたり水不足につながったとしています。これに対応すべく省庁は、地方に住民らを支援するよう命じています。

同省によりますと「すべての当局は地方自治体と密接に協力して、早期に多くの作物を収穫しないよう、農民らを指導する必要がある。水不足は致命的であり、農家の水源を確保するために各省庁が協力しなければならない」との事です。

土曜日、Lim Kean Hour水資源大臣は、 Banteay Meanchey地方の干ばつに苦しんでいる地区に2台の水ポンプを供給しました。

また、Preah Sihanoukの水道当局はSihanoukvilleの水田を回復させようとしました。

Sihanoukvilleの水道局長であるHeng Sophorn Narith氏は「農作物に水を供給するために合計22のウォーターポンプが使われた。この機械は田んぼを回復させるために水を汲み取る用途だ。Prey Nop地区の2,000ヘクタール以上の米が水不足だ」と指摘しました。

先週Kampong Chamの当局は、Srey Santhor・Prey Chhor・Choeung Prey・Kampong Siemを含む5つの地区の1万ヘクタールの水田を回復させました。

国家防災委員会のKeo Vy氏は、カンポン・チャム、バタンバン、バンテアイ・ミーンシェイ、カンポン・トム地方が最も厳しい打撃を受け、13の州の、合計2万ヘクタール以上の田んぼが干ばつの被害を受けていると述べました。

フン・セン首相は昨日、政府関係者に干ばつに注意を払い、農家を支援するよう呼びかけました。

「一部の田は水が不足しているが、一部の地域には十分な水がある。水祭りを祝うのはうれしいが、水不足の住民を忘れてはならない」と首相はコメントしました。

出典;KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。