町中に消毒剤を散布開始(5/9)

中華人民共和国のBlue Sky Rescue Team(BSRT)は、Siem ReapにCovid-19に消毒剤を15日間かけて散布して、発生の可能性を減らすことを計画していると、州政府は述べています。

BSRTは金曜日から指定された場所に防腐剤の散布を開始する予定です。リストには、Siem Reap州の紹介病院、Phsar Chasマーケットとパブストリートエリア、地元の学校、Borey Preum PreyとPhsar Leu Thom Thmeyのマーケットが含まれます。

BSRTの10人の医療ボランティアが4月28日にカンボジアに到着し、Civil Society Alliance Forum(CSAF)と協力して消毒剤を散布します。

中国のチームは、200台の人工呼吸器、280,000枚の医療用マスク、900枚のウイルス対策服を含む機器と医療材料を持ち込みました。

CSAFによれば、10人のボランティアは、保護と防止の戦略に焦点を当てたカンボジア軍のための訓練コースも開講している。

BSRTは、Phnom Penh, Kandal province and Preah Sihanouk provinceですでに防腐剤を散布しています。彼らはPhnom Penhにいる間、労働者、いくつかの病院、外務省、国際協力省などの場所を検疫するために使用された the Hun Sen Champovorn高校に散布しました。

Kandal 州では、彼らはthe Takhmao Chas and Sa’ang marketsおよびその他の場所に散布しました。

ボランティアの方々は、火曜日にSihanouk 州に行き、保健所、Preah Sihanouk Referral 病院、Preah Sihanouk州立ホール、患者の治療に使用されるホテルの4か所に散布しました。

The Preah Sihanouk州政府は、次のように述べています。「BSRTの医療ボランティアからの消毒剤の散布に関する指示に基づき、Covid-19地域への散布に16リットルの水と8缶の消毒剤を噴霧します。」

「彼らは16リットルの水と4つのバケツを使用して、公衆と職場で散布します。作業場所で散布する場合、スタッフは20分または30分後には戻るように指示されています。」

CSAFは、すでに完了した場所に加えて、医療チームは、Kampong Chhang、Preah Vihear、Kampong Thom、Kampong Cham、およびTboung Khmumの各州に散布する計画を立てていると語りました。

(出典:The Phnom Phen Post)