男性3名、選挙をボイコットし罰金を支払う(1月21日)

男性3名、選挙をボイコットし罰金を支払う(1月21日)

昨年の「Clean Finger Campaign」に参加した罪で有罪とされた元Battambang州の野党職員3名は、国民選挙委員会に罰金を支払いました。
憲法審議会が選挙法第142条に違反した罪で有罪判決を受けたという以前のNECの判決を支持した後、Chea Chiv氏、Kruy Kim Saing氏、そしてThorng Saroeun氏は、1,250ドルから2500ドルを支払いました。
3人の高官を支援したSuon Chamroeun氏によれば、罰金はBattambang州選挙管理委員会の委員長であるVen Porn氏に支払われました。
「私たちは、ほんの少しのお金しか持っていませんでした。 そのため30日以内に罰金を支払う余裕がなかったのです。」とChiv氏は昨日語りました。「私達は友人や支持者に尋ねた後、なんとか罰金を支払うための十分なお金を集めることができました。」
彼は、NECが逮捕状の発行を求めた後、さらなる法的問題を恐れて罰金を支払うしかないと述べました。
「もし罰金を支払わなければ、裁判所は政治家の管理下にあるため逮捕または様々な問題に追い込まれていたはずです。」と彼は主張しました。

NEC副事務総長のSom Sorida氏は昨日、その資金は州の財源に移転される予定であると述べられました。
「NECは、3人の男性が罰金を支払った後にこの訴訟を終結することを決定しました」とSorida氏は述べました。「それは憲法審議会の決定でした。私は男性がその決定を受け入れたかどうかは気にしません。罰金が支払われることで、事件は解決されます。」
Sorida氏は、国連の特別報告者Rhona Smith氏が罰金についての説明を求めていると述べました。
「私たちは、この詳細を今週彼女にを送るでしょう。」と彼は言いました。
昨年、Smith氏は「義務ではない投票でボイコットを呼びかけることは許可されています。」と述べ、142条を厳しく批判しました。
その間、プノンペン市裁判所は昨日、水曜日に逮捕され、政府を倒そうとしたとして非難された反対運動家を起訴しました。
解散したCNRPの選挙および立法問題の元副首長であるKong Mas氏は、次の欧州連合の制裁を含む、政府を批判するさまざまなFacebook投稿を行った後に逮捕されました。
裁判所の代弁者Ly Sophanna氏は昨日、Mas氏は「侮辱と重罪を犯すための動機付け」で起訴され、保留中の裁判を投獄したと述べました。
国家警察は、彼の逮捕の後、当局が彼のコンピュータに政府を倒す計画の証拠を見つけたと述べました。
「Sam Rainsyからの命令で政府を転覆させようとする試みに関連した多くの重要な文書と共に、彼のコンピュータ上で証拠を見つけました。」と昨日そのウェブサイト上の投稿で述べました。
出典:Khmer Times