生涯学習の機会増進へ(8/27)

フン・セン首相は、関連するすべての省庁、機関、当局、教育機関、学習センター、修道院に、人々が生活を改善するための生涯学習の機会を開発するよう任命しました。

昨日公開された今年の国民リテラシーデー(識字祭)を記念するメッセージで、フン・セン氏は、すべての市民が生計を向上させるための職業教育を受ける機会を確保するためのメカニズムを導入すべきだと述べ、学校を中退した人も教育を再開できるよう奨励されるべきだと述べました。

今年の国民識字の日は、市民のための生涯学習の機会を広げるというビジョンとともに、「職業に関連するリテラシー」というテーマで98日に開催されます。

フン・セン氏は、人々の知識、特に仕事関連のスキルを向上させることは、国民経済と個人と社会福祉の向上に貢献すると述べました。

同氏は、教育省が他の関連省庁、機関、開発パートナーと協力して、教育改革に注力していることに留意しました。

また、11の工場で民間部門と協力して、労働者がリテラシープログラムの下で教育にアクセスする機会を提供し、彼らが仕事をより良く遂行できるように支援したと述べました。

同省は内務省とも協力して、首都および州の矯正センターおよび刑務所で識字率向上クラスを開設し、これまでに592人の被拘禁者が、読書、執筆、計算、および日常生活を向上させています。

教育省スポークスマンのロス・ソヴェチャ氏は昨日、「同省が首相の勧告に従い、関係省庁と連携してカンボジアの識字率を高め、教育と職業訓練を通じて、非識字の人々が人生で輝くのを助けたい。」と彼は言いました。

ソヴェチャ氏は、リテラシーとは文字と数字の知識を指し、現在、産業革命4.0の課題に対応するために、情報技術、金融、外国語のスキルにも及んでいると述べています。

 

出典:クメール・タイムズ