生存者、建物の崩壊から2日後に発見(6/25)

生存者、建物の崩壊から2日後に発見

 

プレアシアヌーク州、シアヌークビル

昨日、救助隊が建物の倒壊の犠牲者2人が瓦礫の下で生きているのを発見し、何百人もの見物人が驚いて見守りました。

倒壊の犠牲者が瓦礫から引き抜かれたとき、犠牲者Kak Kea(17)は繰り返し彼の試練の余波で言葉を見つけるのに苦労し、救助者に感謝しました。

「私は調理のために保管していた袋に入れた精米を食べていたので生きています」と彼は記者や見物人に語りました。

 

残念なことに、生き残った犠牲者と共に発見された他の2人は死亡し、総死亡者数は28人になりました。土曜日の午前4時頃の崩壊後、30人近くの建設作業員が破片から救助されました。

 

崩壊当時の州知事のYun Min氏は、建物は適切な建設許可を持っておらず、それ以来彼の管轄区域で急成長している建設部門を適切に管理できなかったため、州知事を辞任しました。

Yun Min氏の辞任を「責任の象徴」として認めたフン・セン首相は、昨日現場を視察し、その後2人の生存者がゴミから引っ張られて救急車に乗っているのを見守りました。

「悲劇は私たちにとっての教訓です。」とフンセン氏は生き残った2人の犠牲者と話した後、記者団に語りました。「政府は、すべての建物を徹底的に検査し、それらが合法で最高水準にあるかどうかを判断します。」

 

「知事は責任を示す象徴として辞任する意向を示しました。」と付け加えました。「現時点で、私達は救助活動を完了しました。しかし私達はまだ場所を一掃し、崩壊の原因を調査する必要があります。我々は容疑者に責任があると認めるための調査を完了していない。

土曜日に、警察は中国人3人とカンボジア人1人が崩壊の原因であると疑われて逮捕しました。

州警察​​署長のChuon Narin少将は、彼らを建設のために土地をリースしたChen Kun、建築請負業者のDeng Xing Gui、そして土地の所有者であるGao Yu、そしてNhek Huyと同定しました。

 

州裁判所のスポークスマンLim Bun Heng氏は昨日、4人が建設プロジェクトへの関与について起訴されたと述べましたが、彼はその起訴を明らかにしませんでした。

「検察官はすでに彼らを起訴しました。しかし、私は起訴を覚えていません。」と、Bun Heng氏はさらに言いました。

建物が倒壊したときに最大60人の労働者が建物に住んでいたと被害者は報告しています。これはカンボジアの建設部門では一般的ですが、危険な行為です。

土曜日、現場でメディアと話して、Yun Min氏は、中国所有の建物は合法的に建設されていないと述べました。

「その建物は許可なしに建てられました。そして、我々の役人はすでに2回その建設の禁止を要求しました。しかし建築者は聞きませんでした。」と、Yun Min氏は言いました。「私たちは基準を遵守するようすべての建設会社にアピールしたいと思います。」

州当局は、瓦礫の最大50%が取り除かれたと述べました。この崩壊は、日本食レストランを含む近くの施設をも傷つけました。

 

Ku Kai日本食レストランを収容する建物の所有者であるSap Rithyvuthは、自分の土地を日本人カップルに借りたと語りました。

Rithyvuth氏は土曜日に、7階建ての建物からの破片が落下したため、レストランが完全に破損しているかを確認するために目が覚めたと述べました。

「日本人夫婦とその子供は、彼らのスタッフと一緒に、救助されました。」と彼は言いました。「彼らのうちの何人かは怪我をしました。」「日本人家族とそのスタッフが生き残ったことをとても嬉しく思います。」とRithyvuth氏は付け加えました。

彼は家とレストランに加えられた損害賠償を検討すると言いました。その後、Rithyvuth氏は自分と家族のために補償を要求する訴訟を起こすと言いました。

彼は、7階建ての建物は基礎がないために倒れたと考えており、建築者があまりにも多くの階を建てたためであると述べました。

「これは建物の中国の所有者の不注意です。州当局は法律を執行するべきです。」と彼は言いました。

 

昨日、カンボジアの中国商工会議所は、被害者の家族にお悔やみの声明を発表しました。

カンボジアの中国商工会議所は「事故で犠牲者の家族に心からのお悔やみを表明し、負傷者に対する同情を表明したいと思います。負傷者の早急な回復を願っています。」と述べました。

そして、現在寄付を集めていると言いました。「我々は、被害者と負傷者の家族のために10万ドルを集めるために、中国の資金援助を受けた企業のすべての所有者に寄付イニシアチブを開始しました。私達は救助活動が終わったらすぐにお金をお渡しします。」

中国のWang Wentien 大使は昨日、カンボジア当局に機材を含む援助を提供するように同州のすべての中国企業に要請すると述べ、事件について語りました。

 

Wang氏は「カンボジアの中国の投資家は歓迎されるが、彼らは法律を尊重しそれに従う必要があります。」と述べました。

「すべての中国人投資家は、安全を確保するために投資の質に細心の注意を払う必要があります。」と彼は言いました。「私は中国の投資家に質の高い安全性とカンボジアへの投資を続けるよう呼びかけました。」

カンポット州出身の救助隊員Chap Pros氏は、建物が倒壊したときに2階で4人の同僚と寝ていたと語りました。

Pros氏は土曜日の午前4時頃、彼は米を調理するために目を覚ましたが、まだ暗かったので眠りました。それから彼は建物の倒壊音を聞き、彼と彼の同僚は建物と共に倒れました。

 

「私はまだ希望を持っており、私は外を見るために目を開けました。しかしあたりが暗く、ほこりっぽかったので何も見ることができませんでした。」とpros氏は言いました。彼の安堵のために、彼の同僚は叫びました。

「我々は破片の開いた穴を見つけ、そして我々は助けを求めました。」と彼は言いました。「救助隊員が私たちを見て救助しました。」

 

30歳の生存者であるNhor Channet氏は、仕事をするためにTboung Khmum県から来て、建物が倒壊したときに彼が妻と弟と2階で寝ていたと言いました。

その崩壊は彼の弟、18歳のNhor Chanthorn氏の命を奪い、Channet氏は自分が生きているのはラッキーだったと言いました。

 

「私は一度起きました。そして建物が崩壊する前に私は眠りにつきました。私は壁の近くに倒れましたが、壁は金属構造だったので、私は生きています。」と彼は言いました。

 

「建物が倒れた後、私は私の妻に電話をかけ、私の妻を見つけるために私の手を使ったが、私は彼女の片方の足をつかむことができたにすぎませんでした。

彼は妻が重傷を負い、治療のためにプノンペンの病院に送られたと述べました。

彼自身に関して、Channet氏もまた重傷を負ったと述べました。

「体中いたるところ痛みを感じる」と彼は言いました。

 

※出典:Khmer Times