犯罪の減少(5/15)

Phnom Penhの警察署長Sar Thet氏は水曜日、第1四半期の首都での犯罪は昨年に比べて減少していると語りました。

今年、第1四半期に194件の犯罪が記録され、2019年の第1四半期に犯された213件の犯罪から9%減少しました。

ただし、期間中に深刻な犯罪が増加し、昨年の25件から今年は36件に増加しました。一方、軽犯罪は同じ期間に188件から158件に減少しました。

犯罪の全体的な減少は、それを防止するために積極的な役割を果たしている当局と市民の努力のおかげとThet は言いました。

「犯罪が減少するとき、それは当局が定期的に注意を払っていることを意味します。私たちは問題の根本を取り締まり、潜在的な犯罪者が行動を起こすことを思いとどまらせました。市民の協力も助けになりました。」と述べました。

当局は、国家警察やPhnom Penhの統一司令部委員会を含む既存の犯罪対策を強化しており、以前の事件や新しい事件は引き続き調査されると付け加えました。

「私たちは、特に麻薬やギャンブルの使用が多い場所での犯罪を防ぎたいです。」と彼は言いました。

Phnom Penh市のKhuong Sreng知事は、市議会の会議で、Covid-19が原因でナイトクラブやその他の娯楽施設が一時的に閉鎖されたときに、犯罪が劇的に減少したと述べました。

閉鎖は犯罪を減らすことはできるが、クラブに行くすべての人が犯罪者であるとは限らないと彼は言いました。

当局は刑務所から釈放されたばかりの人たちにも大きな注意を払っていると彼は言いました。

過去に、最近解放された囚人は社会に戻った後、より深刻な犯罪を犯す傾向がありました。

「ほとんどの犯罪は同じ人々によって犯されています。新しい犯罪者の数は少ないです。私たちはこれらのグループを管理する必要があるため、刑務所と協力して、すぐに解放される人々を特定します。それらを引き続き監視しなければならないのです。」と語りました。

市庁舎の広報担当者であるMet Meas Pheakdey氏は、次のように述べています。「昼間の強盗はまれです。」

内務省刑事警察副局長のNgeng Chour中尉は、昨年の犯罪は2018年と比較して増加したと述べました。

昨年、犯罪は3,196件ありましたが、2018年にはわずか2,969件であり、8%増加しました。

(出典:The Phnom Phen Post)