消費者保護法改正へ(5/16)

商務省の高官は、消費者保護のための国家委員会の組織と機能に関する法案は来月閣僚理事会に送られる予定であると述べました。

委員会は、消費者の保護を保証し、市場の完全性を維持することを目的とした消費者保護法の実施を任務としています。

同省の消費者保護・競争・不正防止総局の局長であるPhan Oun氏は、同局が火曜日にこの法令についてさらに精査することを検討していると語りました。

Phan Oun氏は、レビュー後、承認と署名のためにPan Sorasak大臣に提出し、レビューと承認を得るために閣僚理事会に提出すると述べました。

「私たちの内部協議は5月19日に終了する予定であり、6月の第1週または第2週に閣僚理事会で閣僚級会合を要請する予定です。」と彼は言いました。

水曜日に議論を率いた Mao Thora国務長官は木曜日にポストに、法案の草案がすでに修正されていると語りました。

彼は委員会が商務省を含む様々な省の10人のメンバーで構成されると言いました。

「彼らは消費者保護を実行する役割を持っています。偽造品の販売について苦情が寄せられた場合は、早急な対策が必要です。法律についての情報も広めなければならないです。」と述べました。

消費者保護法は2019年11月2日に導入され、11の章と51の法令が含まれています。

支持者によると、法律の目的は、改善された貿易環境に貢献し、消費者の権利と利益を保護する措置とメカニズムを決定することです。

法律は、他の規制で除外されていない限り、商品、サービス、または不動産の販売を含め、営利または非営利を問わず、ビジネスを行うすべての事業体に適用されます。

(消費者:The Phnom Phen Post)