治療を求める麻薬中毒者の増加(2月22日)

治療を求める麻薬中毒者の増加(2月22日)

Mam Bun Heng保健相は昨日、昨年の治療と回復を受けた麻薬中毒者の数は、2017年と比較して約70%増加したと述べました。
「薬物乱用の治療とリハビリテーション」に関するワークショップでスピーチをしたBun Heng氏は、王国における薬物中毒者のリハビリと治療を受ける人々は年々増加を続けるという彼の楽観的な見方を表明しました。
「治療を受けている人は毎年増えています。これは、前年と比較した場合、昨年、公共の地域保健センターで援助を求める人の数が70%増加したことでわかります。」と彼は述べました。
。 。
彼は、カンボジアの各地域の病院で治療を受けている麻薬中毒者の数も増加したと述べました。
「この結果はたまたま達成されたのではなく、関連する機関、開発パートナー、および友好国によって共同で行われたことによる成果です。」と彼は述べました。
昨日、麻薬撲滅庁の事務総長であるMeas Vyrith将軍は、昨年、1万8000人以上の麻薬中毒者が治療され、回復したと述べました。
「この数の増加の理由は、より多くのリハビリテーションセンターが設立されたことと、抗薬物キャンペーンイベントが増加したことです」と彼は言いました。
Gen Vyrith氏によると、保健省は、治療センターの数を2017年の200から昨年は431に増やし、昨年の麻薬撲滅キャンペーンの間に40%の薬物中毒者が、家族の支援による治療とリハビリのためにセンターに送られました。
。 。
しかし、Gen Vyrith氏によると、昨年治療および回復された麻薬中毒者の数に関する実際のデータは、まだ計測中です。
NACDのKe Kim Yan大統領は昨日、当局に対し、王国の麻薬中毒者に関するデータベースを迅速に更新するよう要請しました。
「また、国営病院や民間のリハビリテーションセンターでより効率的な治療を受け、国立病院、州立病院、コミューン医療センターで中毒者を治療するためのボランティアを増やす必要があります」と彼は述べました。
Kim Yan氏は、治療中に中毒者に提供される職業訓練は、彼らがセンターを出た後の就職先を見つけるための道を開くために必要であると付け加えました。
「リハビリテーションセンターで治療を受けている人たちは、自分たちの地域社会に戻ることができます。私たちは彼らが治療後に仕事を見つけることができるよう、彼らの職業訓練を行う特別なシステムを作る必要があります。」
。 。
Kim Yan氏は、ほとんどの州の行政機関が自国の麻薬常用者の数を減らすためにより一時的なリハビリテーションセンターを設立することを約束していると述べました。
最近の内務省の報告によると、昨年当局は8,002件の麻薬事件を取り締まり、16,216人を逮捕し、536.36 kgのあらゆる種類の麻薬を押収しました。
さらに当局は、1キログラム以上の麻薬を含む74の主要訴訟を取り締まり、19の首謀者を含む83人を逮捕しました。
出典:Khmer Times

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。