汚染された魚介類の横行(3/15)

エビや魚のひれを含む7.5トン以上の魚介類が、禁止された化学物質を含んでいることが判明した後、水曜日にCamcontrolと協力して国家警察によって押収され、処理されました。

国家警察の反経済犯罪警察署の副所長、Um Mony氏は木曜日に「水産物が許可なしにベトナムから輸入され、カンボジアの市場、特にプノンペンで流通するために輸送されている。」

「3台のトラックは当局によって停止され、国道3号線沿いの15キロメートル地点で拘束されました。Camcontrol役員の参加により、我々はエビの頭とシーフードにジャムのような厚い化学物質を発見しました」と述べました。

そしてプノンペン市裁判所副検察官のKham Sophary氏の承認を得て、当局は水産物を没収し、Boeung Choeung Ek埋立地でそれを処理するよう命令したと彼は続けました。

Mony氏は操業中に当局が3人の運転手を逮捕し、水産物の所有者を確認するために部署で彼らに質問しました。

「運転手は木曜日の朝、彼らが私たちに魚介類の所有者の身元と所在を伝えた後に解放されました。」

「彼らはまた、法的手続きのあらゆる段階で当局と裁判所に証言するように事実を明記する契約を拇印にすることにも同意した」とMony氏は述べました。

 

事件はまだ調査中であるため、Mony氏は運転手または魚介類の所有者の身元を明らかにしなかったが、彼はすべての消費者に、シーフードを買う場所には注意を払うように訴えました。

 

ここ数カ月の間に、カンボジアで当局による偽造品と汚染品の取り締まりが行われています。

火曜日に、プノンペンのMeanchey地区で内務大臣Sar Kheng氏が出席した式典で、内務省によって70トン以上の偽造品(医薬品、化粧品、水、食物など)が処理されました。

また、Sar Kheng氏は「偽造防止委員会に次回製品を押収したときには、所有者も共に逮捕しなければならないと命じます」と式典に出席した役員に語りました。

出典:Phnom Penh Post