横領により解雇された男 逆恨みか(10月14日)

横領によって解雇された男逆恨みか(10月14日)

 

韓国籍の男は、ナイフを用いて以前の職場の社長に危害を加えようとした容疑について、プノンペン市民裁判所に連行されましました。

警察の報道がよりますます、1ヵ月程前にYoun Tackyoun氏は、働いていた会社の社長に、会社の資金を横領したと批評され、解雇されました。

10月9日の月曜日、彼は会社の社長であるKim Dong Kyu氏に再雇用を頼みましたが拒否され、Kim氏を殺害すると脅しました。

Youn氏はナイフを持って、Chbar Ampov地区にあるKim氏の自宅に向かいました。彼はKim氏の自宅の鍵が施錠され、誰もいない事に気付きました.Kim氏が家の中に隠れているのでないかと疑った彼は、鍵を壊して家の中を探しました。

タゲットであるKim氏が見つからない、憤慨した彼は、空き部屋にナイフを投げ捨てて家を去りました。

10月11日木曜日、金氏の妻は容疑者を警察署に連行し、Youn氏を告訴しました。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。