来週にかけて大雨予報

8月4日、水資源気象省(MOWRAM)は、811日まで、カンボジアで断続的な雨が予測されると発表した。そのため、落雷や突風、高波などの被害に警戒するよう呼びかけている。気温は中央低地で25℃から32℃、北東部の山岳地帯で23℃から30℃、沿岸部では24℃から32℃の間で変動すると予想される。

先週末、シンラク台風の影響により、81日から5日までの間、大雨洪水警報が発令された。ダングレック山脈と北東にある高原地域の州、および沿岸部は、大きな被害を受けている。

※1:the Sinlaku storm

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)