本田圭佑選手、サッカーカンボジア代表監督兼GMに就任

本田圭佑選手、サッカーカンボジア代表監督兼GMに就任

本田選手がカンボジア代表監督兼GMに就任しました。
代表監督のライセンスは持っていないため、登録上、監督は別の人物になりますが実質的な監督とのことです。今回の就任にあたり報酬はなしとのことです。このあたりからも本田選手の熱意がうかがえます。
数回に渡ってカンボジアのサッカー事情について特集します。

今回は、現在のカンボジア代表について特集します。
1. どれくらい強いのか?
FIFAランクは、166位(2018年8月現在)です。
東南アジアの順位は、ベトナムが102位でトップ。以下、フィリピン(115位)、タイ(122位)、ミャンマー(138位)、インドネシア(164位)、カンボジア(166位)、シンガポール(169位)、マレーシア(171位)、ラオス(178位)などと続きます。
ワールドカップに出場するにはまだ難しいところでしょうか。

2. 今後の目標は?
当面の目標は2018年11月に行われる東南アジア選手権(AFFスズキカップ)で良い成績を残すことです。前回は、3戦全敗でグループリーグ敗退です。前回大会はタイが優勝しています。優勝回数はタイが5回、シンガポールが4回と続きます。
カンボジア代表は、9月10日にマレーシア代表との親善試合が予定されています。おそらく本田監督が初めて指揮を執る機会になります。
ちなみに前回大会はタイが優勝しています。タイが過去5回、シンガポールが4回と続きます。
また、2023年にカンボジアで東南アジア競技大会(SEA Games)が開催されることが決定しています。これは東南アジア版五輪です。

3. ケイスケホンダは選手と監督を両立できるのか
筆者自身は可能だと考えます。理由としてサッカー選手は練習時間が短いことがあげられます。本田選手は選手として以外にも様々なビジネスを手掛けており、うまく両立するのではないかと考えます。代表の試合は基本的にFIFAが定めた期間に行われ、原則クラブチームの試合はないため日程的にはあまり問題ないと考えます。
ぜひとも頑張ってほしい!!!!!

カンボインフォは本田圭佑監督、およびカンボジア代表を応援しています!

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。