未だに取り残されている地雷(5/16)

Halo Trust’s Search and Explosive Ordnance Disposal(EDO)チームのリーダーであるKhit Sakum氏によると、水曜日に AnlongコミューンのOu Ta Meang村の Oddar Meanchey’s Anlong Veng地区の土地にあった地雷の上でトラクターを運転した34歳の農家Yang Chantholが死亡しました。

Sakum氏によると、水曜日の午後2時頃にトラクターが地雷をひいてしまったとき、Chanthol はカシュー農場の川岸近くで耕作をしていました。

「現時点では、その地域の農地はまだ調査されておらず、地雷や爆発性の戦争の残骸が取り除かれていないと村人が主張した後、私たちのチームはその周辺の調査を行っています。」と彼は言いました。

村長のRun Rithはポストに、以前、組織が彼の村の地雷と不発弾(UXO)の除去を手伝っており、彼らは何百ものそれらを見つけて無事に除去したと語りました。

しかし、彼はまだ地雷とUXOが残っており、それにより数人の村人が死亡、または負傷したと語りました。

「昨年、村人が亡くなり、他の3人が負傷しました。水曜日、地雷の爆発により1人が死亡し、トラクターが破損しました。」

Chantholの義理の妹Huy Channaによると、被害者は5年間川岸近くの低地にカシューの木を植えていました。

「キャッサバ、豆、トウモロコシを植えるために、私たちはカシューツリーに沿って耕しました。」とChannaは言いました。

「私たちは通常、年に2〜3回土地を耕しますが、不発弾や地雷を見たことはありません。」と彼女は言いました。

水曜日に、 Chantholは昼食のために終える前に約1haを耕しました。彼は仕事を再開し、数時間後に爆発が発生したとChannaは言いました。

Chantholの遺骨は、葬式が行われるKampong SpeuのOral地区にある母親の故郷に運ばれました。

Halo TrustのEODチームは、事件の報告を受けた後、木曜日の朝にこの地域を調査しました。

(出典:The Phnom Phen Post)