日本の無償資金協力による公共バス41台が10月1日より操業開始(10月5日)

日本の無償資金協力による公共バス41台が10月1日より操業開始(10月5日)

日本の無償資金協力による公共バス41台が101日から操業を開始しました。これにより、バスルートの数は9から13に増加しました。

今年末までに39台のバスが追加され、日本からのバスはプノンペン市内で計80台が運行することになります。 バスの場所や支払いを行うことができる「Weell」というスマホアプリが近いうちに使用可能になる予定です。これらにより、市内の公共交通機はがより便利になり、渋滞緩和につながることでしょう。

バス運賃は1500リエル(約45円)/回です。バスの前の方から乗車して、運転手の隣にある集金ボックスで料金を支払うことができます。高齢者、障害者、工場労働者、妊婦、修道士、学生、教師、スポーツ選手は無料です。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。