日本、カンボジア、ラオス、ミャンマーの旅行禁止を一部解除

日本は9月初旬に、カンボジア、ラオス、ミャンマー間の渡行を一部再開する予定である。

3か国と茂木敏充外務大臣との合意により、それぞれの国で技能実習生やビジネスマンなど、日本で長期滞在権を有する者のみが行き来できるようになる。

茂木大臣は8月22日から24日まで3か国を訪問し、COVID-19の感染拡大防止のために渡行の再開などについて会談した。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)