新アンコールビール登場(8/12)

Cambrewは先週、アンコールプレミアムビールの改良版を発表しました。これは、同社が業界を牽引していくという目標への第一歩になります。

すでにカンボジア最大の醸造会社の1つであるCambrewは、新しい外観と技術的な改良を加えた「アップグレードされた」アンコールプレミアムビールを導入しました。

CambrewのマネージングディレクターMichael Norgaard Jensen氏によると、改良には、「元のクメールの味に忠実でありながらも、カンボジア人消費者を満足させる微調整されたテイスト。」を作成するため、パッケージとレシピの改善が含まれます。

土曜日の記者会見で、Jensen氏は、シアヌークビル工場で最大1,200万リットルを生産できると述べました。

また、「本日、アップグレードされたアンコールプレミアムビールを紹介し品質重視をし、飲んでいるビールに少し興味を持ち始めたカンボジアの新世代のビール愛好家にアピールします。」ビールがアジアとヨーロッパの異なる市場に輸出されていると述べました。

歴史上最高のアンコールプレミアムビールの最高の外観は、より良いビールを醸造するという私たちの絶え間ない追求と、消費者に革新的で刺激的な体験を提供するという揺るぎない情熱の証です。

Jensen氏は、新しいアンコールプレミアムビールを作ることは、活気に満ちた革新的なブランドの評判を固めるという計画の一部であると言いました。

同氏は、「Angkor Premium Beerの強力なブランドを活用して、卓越した品質の優れた味わいのプレミアムビールを確保し、ブランド体験をさらに向上させ、さらに目の肥えた新世代のビール愛好家の期待を上回ることを目指します。」と述べました。

Cambrewの製品には、KlangBlack Pantherのほか、CarlsbergTuborgKronenbourg 1664Somersbyなどの国際的なプレミアムブランドが含まれます。ギネス、アサヒの飲み物も、シアヌークビルの施設で醸造されています。

昨年、カールスバーググループはCambrewへの出資を増やし、経営を引き継ぎました。

アンコールプレミアムビールは1992年に初めて醸造され、最近のモンドセレクションからの金賞など、国際大会で複数の賞を受賞しています。

出典:クメール・タイムズ