新たな駐カンボジア米国大使が任命(8月13日)

新たな駐カンボジア米国大使が任命(8月13日)

金曜日、米国は任期が満了するWillam Heidt氏に代わり、Patrick Murphy氏を駐在カンボジア米国大使に任命しました。

ホワイトハウスは、ドナルド・トランプ大統領の政権がMurphy氏を任命したと発表しています。

現在、Murphy氏は米国国務省と東南アジアの副補佐官を務めています。

同氏は25年以上にわたって外務省に在籍しており、東南アジアの多数の上級役職に就いています。

昨日の時点では、プノンペンの米国大使館は、この件についてコメントできないと述べました。

Heidt氏は2015年8月に米国上院によって大使に任命され、同年9月14日に正式に役職に就きました。

昨日、新たに任命された外交通商部の広報担当者、Ket Sophann氏はコメントできませんでした。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。