新たなるカンボジア観光誘致ターゲットは日本(9月22日)

新たなるカンボジア観光誘致ターゲットは日本(9月22日)

観光省は、新たに創出する観光商品と既存の商品を日本の観光客に宣伝して、日本からカンボジアへより多くの旅行者を誘致すると語りました。

Thong Khon観光大臣は、日本旅行局(JTB)の高橋広之社長、アジア太平洋エクスプレスツアーAPEXの高見和史会長、広島大学の石田裕子氏との会談でこれを語りました。

「カンボジアへの日本人観光客の集客方法の検討、学生交流の拡大に焦点を当てた議論が行った。」

「すべての関係者は、新しい観光地の創造、観光地域の強化、アセアンの観光基準の適用による清潔さの向上に焦点を当てることなど、新しい観光商品を促進することに合意した」と、Preah VihearSambo Prei Khak TempleBattambangも観光地候補に載っていました。

Khon氏は、カンボジアは宿泊施設と食事、また各国間の直行便の推進にも力を入れていると語りました。

カンボジア国家観光連盟の事務総長Ho Vandy氏は、2003年に日本人観光客が国籍別に訪問者のトップを占めたと語りました。

日本人観光客を引き付けることは非常に良いアイデアだと述べました。

昨年、20万人の日本人観光客が王国を訪れ、10,000人のカンボジア人が日本を訪れました。

日本貿易振興機構(JDI)の統計によると、日本との貿易は2018年前半に大幅に増加し、輸出は19%増、輸入は9.5%増となった。

最初の6ヶ月間に76,000万ドル相当が日本に輸出されましたが、カンボジアは日本から約19,100万ドル総額を輸入しました。

出典:The Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。