新しい固定資産税の支払い期限10月31日に決定

経済財政省の税務総局は、まだ申告していない所有者が義務を果たすことができるようにするため、固定資産税の支払いを1ヶ月間延期した。9月28日、税務総局は、義務を果たす意思があるがまだ申告していない所有者を支援するために期限を10月31日まで延期したという。同局は、一部の不動産所有者がまだ申告義務を果たしていないと指摘している。納税者は9月30日までに納税しなければならない。

プレスリリースによると、「税務総局は、この納税猶予期間中に、すべての不動産所有者が期限通りに急いで申告することを強く望んでいます。」という。28日、Advance Real Estate Co Ltdの創業者でCEOのPo Eavkong氏は、この税金を延期する決定は、納税者が税務総局に税金を申告するための追加の機会であるが、同局は今年末まで支払いを遅らせるべきだと述べた。「まだ納税していない人が毎年の固定資産税を申告しに来るように促すのは良いことだと思いますが、国はCovid-19の影響もあるため年末まで延ばすべきです。」 と述べた。また、「確定申告のための書類の記入が複雑であることも納税者の障害になっています。」と語ったという。

税総務局は、今年の最初の7ヶ月間で19億ドルを集めたが、これは年間計画の65.89%に相当し、昨年より1億6,546万ドル(9.6%)増加したことをデータは示している。この増加は、付加価値税3.17%の増税と所得税22.71%の増税が起因している。

(各種ニュース記事を参考に編集・作成しています。)