政府に対するCOVID-19の対策のための寄付(4/29)

政府への寄付

Covid-19の蔓延との闘いを支援するため、推定2300万ドルは地元の寄付者と公務員から、さらに4,000万ドルは国際的なパートナーから政府へ寄付されました。

4月27日の時点で、41の省庁の64,000人以上の公務員が給与の一部を合計36767億リエル(9.023百万ドル)をウイルスとの戦いに寄付することを約束しました。この数字は、土曜日にフンセン首相のFacebookページとフレッシュニュースレポートで確認されました。また、政府はさまざまなドナーから約1,400万ドルを受け取っています。

経済財務省の代表者であるMeas Soksesanは、6,300万ドルの寄付は、政府がCovid-19と戦うために取っておいた6,000万ドルの予算に追加されると語った。
「さらにチェックしますが、国際的なパートナーの公約は4000万ドルです。寄付は、医療材料、機器、または技術支援の形で行うことができます。」

また、「まだ現金を受け取っていません。国際パートナーは徐々にそれを始めます。彼らはCovid-19と戦うために、カンボジアにさらに6000万ドルを送るというさらに高い約束をした。」と公表しています。

Soksesanによると、政府は貧しい人々や脆弱な人々を支援し、工場労働者を一時停止するために、さらに3億5000万ドルを自由に使えるとしている。しかし、ウイルスとの戦いが長引いたり、病気が急速に拡大したりした場合、予算は不十分になる可能性があります。彼は必要な医薬品を買うために予算がすでに利用されていると言いました。

最近のプレスリリースで、オーストラリア大使館は、カンボジア人がCovid-19の前例のない課題に効果的に対応できるように、国が財政支援、技術的および能力開発の専門知識を提供し続けていることを確認しました。

オーストラリアのカンボジア大使であるPablo Kangは、オーストラリアからの支援は、全員のカンボジア人のため、調整された措置を実施するために政府、民間部門、市民社会に力を与えることを目的としていると発表で述べました。

「Covid-19の状況では、オーストラリアなどのドナーが取り組みを主導し、すべての功績を主張することはできません。私たちの保健セクター支援は、カンボジアが独自のCovid-19マスタープランを実施するのを支援しています。」

「そうすれば、私たちの協力は、カンボジアに最も適した対策につながり、最終的にはより持続可能な影響を与える可能性が高くなります。」と彼は言います。

オーストラリア大使館は、カンボジアの医療サービスを近代化し、過去10年間に国の医療資金システムを強化するために1億ドル以上を提供したと述べました。

以前、オーストラリアはカンボジアの健康資本および品質改善プロジェクト(H-EQIP)に2,600万ドルを寄付し、国は今後2年間でさらに650万ドルを寄付することを約束しました。

900万ドルを超えるH-EQIP資金が、20台の救急車やその他の医療機器の購入に割り当てられています。資金は、カンボジアの研究所を開発してCovid-19への対応を改善するためにも使用されました。

カンボジア王立アカデミーの国際関係研究所のKin Phea校長は、ドナー、公務員、投資家は政府がCovid-19に効果的に対応することを信頼しているので、カンボジアに資金を提供したと述べました。

「EU、米国、中国などの他の国や地域からの援助を見てきました。他の国との良好な関係を強調し、それらの国が政府に対して持っている信頼を表しています。」

「これらすべての寄付は、病気の蔓延を防ぐのを助ける政府の意思表示です。」と彼は述べています。

カンボジアはまた、MSウェスターダムのクルーズ船が2月にシアヌークビルに停泊することを他の国から拒否された後、国カンボジアが許可したことなどにより、カンボジアの親切さ示していたと述べました。

 

(出典:The phnom Penh Post)