控訴裁判所が麻薬密売人に対しての懲役刑を支持(8月14日)

控訴裁判所が麻薬密売人に対しての懲役刑を支持(8月14日)

控訴裁判所は、麻薬密売で懲役20年から30年を宣告された4人に対する有罪判決を支持しました。

Yun長官は、判決を確認し、「4人の囚人を含む麻薬密売の場合、控訴裁判所はその判決を支持する」と述べました。

裁判所の記録によると、Chhieng Chumnoul(44)と彼の妻であるBou Eva Peng(40)、シェムリアップのMalis Angkorレストランのタイ人オーナー(45)、El Vanrany(37)らが1キログラムの薬物を扱っていたとして、Chamkarmon地区のTumnub Toek Communeで逮捕されました。

内務省の麻薬取締当局は、Tumnub ToekとRussey Keo地区のTuol Sangke Communeでの取引情報を得て、4人を逮捕し、373.2グラムのYama、296.4グラムのMethamphetamine、1,113.2グラムのWY、さらに2台の車を押収しました。

2013年1月25日、プノンペン市法廷はChewing Chumnoulに30年の懲役刑と6,000万リエル($15,000)の罰金、彼の妻であるBou Eav Phengには20年の懲役と4,000万リエル($10,000)の罰金を宣告しました。Pheng PhalとEl Vanranyには20年間の懲役と4,000万リエル($10,000)の罰金の判決をを抗薬物法の第32、40、44条に基づいて下しました。

控訴裁判所でPhenol Phalは自身が自動車修理士であり、叔父のChhieng Chumnoulと住んでいたと述べました。

同氏は逮捕される前、Barangと呼ばれる男から電話を受け、車に乗って小切手を持ってくるよう頼まれ、Barangに車の鍵を渡し、20,000ドルが入った小包を渡されました。

同氏は、「警察は私を逮捕しても何も見つけることはできませんでした。彼らは私を内務省に連れて行き、2日間拘留したあと小包をみせそれが薬物であると私に伝えました」「その後、彼らは私に拇印を用紙に押して、認めれば家に帰ることができると言ったので、私はそれに同意した」と述べました。

他の3人の囚人は、控訴裁判所がに罪を犯していないとし、釈放するよう懇願しました。

Heng Chanvuth国防長官は、この事件には多くの疑惑があるとし、警察には具体的な証拠がなく、釈放を約束して拇印を押すよう勧めただけだと述べました。

出典:KHMER TINES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。