工場停止による10万人への影響(コロナウイルス関連)(4/29)

コロナウイルスによる労働者への影響

労働・職業訓練省によると、1月以降、130以上の縫製工場と靴工場が操業停止を申請し、約10万人の労働者が影響を受けています。

火曜日の記者会見で代表者のHeng Sour氏は、Covid-19が世界の貿易と経済を麻痺させ続けているため、停止の提案が来ると述べました。

工場は完全に閉鎖するつもりだったが、政府が税金を免除し、国家社会保障基金(NSSF)の固定税の支払いを遅らせたため、最終的には操業を停止する選択したと彼は語りました。

「政府は、工場が操業を停止した労働者の仕事と収入を維持するために一連の措置を講じました。」

「彼らは実際に閉鎖したかったのです。しかし、一連の議論を通じて、政府は彼らに仕事を一時停止するように奨励しました。そうすれば、労働者は永遠に仕事を失う必要はないでしょう」と彼は言いました。

Sourは、政府は工場が販売するものに加えて、一時停止した労働者に月額40ドルを提供したと述べた。

今年の最初の3か月で、カンボジアの衣料品の輸出は昨年の同時期と比較して20%減少したと彼は言いました。彼は、ヨーロッパ市場がCovid-19大流行に取り組み、輸入が一時停止した後のことだったと述べました。

それにもかかわらず、仕入者は4月、5月、6月の新規注文はしていませんが、すでに生産された衣料品の代金を支払うことで契約を順守してきたと彼は言いました。

「特に今年の第2四半期に、私たちの輸出は影響を受けており、影響を受けるでしょう。輸出は昨年に比べて50%減少する可能性があります。」と述べた。

プラス面としては、今年の第1四半期に77の新しい工場が英国で操業を開始し、27,909の新しい雇用を生み出すことが期待されています。

同時期に、産業技術革新省に登録している工場の総数は1,801に達し、1,063,031の仕事を占めています。

先週、同省の Heng Sokkong国務長官は、大流行にもかかわらず、政府の「魅力的な開放政策」と十分な原材料の供給が成長の理由であると述べました。

Sourは、ヨーロッパのCovid-19の状況が6月に収まり始めると、王国の衣料品部門は復活すると語りました。それが続くならば、政府が労働者が他の産業の仕事に転向するために訓練を準備するであろうと彼は言いました。

Sourは、クメール正月中に休みを取り、仕事に戻ることを許可されなかった労働者の不在が工場の操業に影響を与えるかどうか尋ねたところ、休暇中に95%が仕事をしていたため、影響は軽微であると述べました。

プノンペンの1万人以上の労働者が仕事を休んでいたが、5,000人以上がCovid-19をクリアしており、14日間の自己検疫後に仕事に戻ると述べました。

サワー氏は、さまざまな理由で帰国していない労働者に、同省が正確な数字を提供できなかったと指摘しました。

一部の労働者は、ウイルスの感染を避けるために両親に帰国するのを止められたかもしれないが、雨季が近づいているために農業労働に向かった人もいると語りました。

「数値はさまざまな理由で矛盾しています。ジャーナリストが定期的に労働者の健康をチェックするかどうか尋ねますが、彼らが戻るかどうかさえ知りません。いずれにせよ、保健省はCovid-19を検出するメカニズムを備えています。」と彼は言いました。

一方、火曜日の人権のためのASEAN国会議員(APHR)は、パンデミックの中で健康で安全な状態に対する労働者の権利を保護するよう地域のASEAN加盟国と企業に要求しました。

タイ国会議員(MP)APHRの元メンバーであるChamnan Chanruang氏は、次のように述べています。「毎日、東南アジアの何百万人もの労働者が働き、私たちの国々が活動を続けていますが、多くの人々は、ウイルスに感染したり、ウイルスを拡大したりするリスクがあります。

「ASEAN政府はすべてのセクターの雇用主と協力して、直ちに健康的で安全な労働条件に対する全員の権利が尊重されることを確実にするための行動を迅速に強化する必要があります。これらの労働者が保護されていなければ、誰も保護されません。」

動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=a1i7sRlYPPk&feature=emb_title

(出典:phnompenhpost)