学校再開の目処(5/11)

教育大臣のHang Chuon Naronは、王国とその地域の国々がCovid-19のパンデミックを管理下に置くことができた場合にのみ学校を再開すると述べました。

Chuon Naron氏は、土曜日に教育青年スポーツ省(MoEYS)が発表したビデオインタビューで、第2の感染症の波を回避するため、90〜95%安全であると政府が宣言するまで待機しますと述べました。

総務省は、合計122人のCovid-19患者のうち2人だけが入院しているにもかかわらず、学校の再開を遅らせた理由を尋ねられ、安全が最優先事項であると述べました。

「学校を再開したり、Covid-19コロナウイルスに感染する危険を冒したりすることはできません。私たちの国境はまだ開かれていて、人々の流れは続いているからです。」

「したがって、近隣諸国の状況が良くない場合、100%安全を保証することはできません。例えば、シンガポールとマレーシアはまだこのパンデミックに直面しています。近隣諸国や地域の国々がコロナウイルスの蔓延を確実に制御できるようになるまで、カンボジアの安全を宣言することはできません。」

「学校を再開する前に、コミュニティでCovid-19の発生がないこと、および他の国から入ってくる感染がないことを確認する必要があります。」と彼は言いました。

Chuon Naron氏はまた、感染症の第2の波について警告している保健省からのガイダンスに従っていると述べました。今回のパンデミックの経験から、彼は、感染の第2の波は最初の発生の間より多くの死を引き起こすことだろう言いました。

パンデミックの中で教育部門が直面している課題に対処するため、同省はソーシャルメディアやテレビなどのさまざまなプラットフォームを通じて通信教育およびEラーニングプログラムを導入したと語りました。

「私たちは学生の教育について考え、彼らに遠隔学習とeラーニングを提供しました。私たちはこの危機を、デジタル技術の使用を通じて教育を強化する機会に変えました。」

「このような通常の状況での教育は難しいでしょう。しかし、現状では順調です。それは、すべての学生が一生懸命勉強することを要求する一種の教育です」と彼は言いました。

これは、約200万人の田舎の学生がスマートフォンやテレビを持っていないため、Eラーニングおよび遠隔学習プログラムにアクセスできないという事実にもかかわらずです。

文部省代表者のRos Soveachaは日曜日にE-Learningプログラムにアクセスすることができるかもしれない田舎の学生の数を明らかにしませんでした。特に全国テレビTVK2による学習で両親と保護者が彼らをサポートしたとだけ言いました。

「TVK2は全国の都市部と農村部に到達できます。テレビを持っていない家族は、安全な距離を維持するため、保健省の指示に従って医療ガイドラインに従うことにより、10人以下の近所の家で学ぶことができます」と彼は言いました。

カンボジアの電気通信規制当局の広報担当Im Vutha氏は先月末、国の地理的面積の約53%しか高速インターネットでカバーされておらず、農村部のEラーニング学生の大部分に影響を与えていると語りました。

地方の多くの人々にとって、テレビへのアクセスは依然として贅沢だと考えられています。

4月19日、同省は情報省との間で覚書に署名し、スマートフォンを持たない学生がテレビを介して遠隔学習プログラムにアクセスできるようにするクラスを提供します。

田舎に住む学生は、タイシン衛星会社の子会社であるカンボジアDTV Network Ltdが所有するDecho TV(DTV)を介してチャンネルにアクセスするように言われました。

2008年の国勢調査を引用して、情報放送局長のPhos Sovannは、国民は240万世帯がテレビを持っていると述べました。

また、テレビチャンネルは、無料の空中放送、ケーブル放送、衛星放送でアクセスできると語りました。ただし、最初の2つのオプションは農村地域では利用できず、衛星テレビのみが広く知れ渡っています。

しかしSovann氏は、農村地域のテレビは「家庭が衛星放送受信アンテナを設置していない場合、教育プログラムを受け取れない。」と語りました。

彼はカンボジアに7つの認可された衛星テレビプロバイダーがあるが、完全に機能しているのはDTV、Skyone、およびOneTVの3つだけであると語りました。

衛星テレビサービスは農村部で広く利用できますが、各価格は85ドルで、追加の分割払い料金がかかります。しかし、ケーブルテレビサービスとは異なり、衛星テレビのユーザーは月額料金を支払う必要はありません。

しかし、そのようなサービスに加入したり、テレビを購入したりする余裕はありません。

子どもの権利連合カンボジア(CRC-カンボジア)– 58人のメンバーで構成される国際的および国内的な連合–金曜日に共同声明を発表し、感染症の事例を最小限に留め、パンデミックの中で教育省の措置を全面的に支持したことで政府を賞賛しました

「これらの措置に対する全面的なサポートを表明します。同時に、我々は539人の子供たちと372人の親と保護者に相談し、流行のこの段階で脆弱な子供たちに対する懸念を表明しました。」と言いました。

(出典:The Phnom Phen Post)