大使館からのお知らせ(7月7日)

【ポイント】

カンボジア国民議会議員選挙の選挙キャンペーンの初日となる7月7日(土)には、プノンペン都内で大規模な行進が行われるとの報道等もあることから、交通規制等に伴う大規模な渋滞の発生が予想されます。移動の際は十分注意してください。

【本文】

1,7月7日(土)から7月27日(金)の間は、カンボジア国民議会議員選挙(7月29日(日)投票日)の選挙キャンペーン期間となります。

選挙キャンペーン初日となる7月7日(土)には、人民党が早朝からダイヤモンドアイランドにおいて集会を行った後、プノンペン都内において6万人規模の行進を行うほか、他の政党についてもプノンペン都内において行進を行うとの報道等があります。

2,同日は、都内各所で交通規制等に伴う大規模な渋滞の発生が容易に予想されます。車両乗車中に渋滞に巻き込まれた場合、長時間身動きが取れなくなる可能性もありますので、移動の際は十分ご注意ください。また、カンボジア選挙法第85条では、「カンボジアに在住する外国人が、政党または候補者を支持若しくはこれに対抗するため、選挙キャンペーンに直接的または間接的に参加することを禁じる」との規定もあることから、無用のトラブルに巻き込まれないためにも、選挙キャンペーン中の集団に不用意に近づかないようにしてください。

なお、選挙キャンペーン期間中は、大小様々な集会や行進等が各地で行われます。

※平素からの安全対策例

・報道等により、選挙に関する最新情報の入手を心がける。

・人の集まっているところには近づかない。

・特定の政党(候補者)の非難や支持など政治的議論は避ける。

・不測の事態を念頭に置きつつ、家族、職場、知人等に所在を明らかにしておくとともに、常に連絡がつくようにしておく。

3,なお、報道等による7日の各党選挙キャンペーン概要は以下のとおりです。

○人民党(Cambodia people’s party)

行進:ダイヤモンドアイランド周辺からプノンペン都内全12区

規模:約6万人、車両約1,720台、バイク1万4,400台

○フンシンペック党(Funcinpec)

行進:フランス大使館周辺からハノイ通り周辺

規模:約2,000人、車両120台、トゥクトゥク300台、バイク500台

○民主主義連盟党(League for Democracy Party)

行進:フン・セン通り(60メートル通り)からリバーサイド周辺

規模:約1万5,000人、車両300台、トゥクトゥク500台、バイク4,000台

○クメールの意思党(Khmer Will Party)

行進:ロシア大使館周辺からトンレバサック区周辺

規模:約300人、車両20台、バイク200台

○クメール国家統一党(Khmer National United Party)

行進:日本橋周辺からキリングフィールド周辺

規模:不明

【問い合わせ先】

○在カンボジア日本国大使館

領事班  電  話:023-217-161

Eメール:consular.jpn@pp.mofa.go.jp

大使館ホームページ:http://www.kh.emb-japan.go.jp