多くの労働者 工場で体調不良訴える(10月22日)

多くの労働者 工場で体調不良訴える(10月22日)

 

Kampong Speu地域の靴を生産する工場で、100人近くの労働者が金曜日の朝、てんかんと疑われる発作を起こした後、気絶しました。

国家社会保障基金(NSSF)は、午前8時20分に香港Pisey地区のWing Star靴工場で70人の労働者の意識がなくなったと発表しています。

NSSFは工場にチームを派遣し、労働者の健康状態を確認し、保健センターに連れて行くよう指示しました。

Kampong Speu州警察は、てんかんの疑いのある34歳のYeng Sedim氏が発作を起こしたとコメントしています。

彼女の悲鳴で、大衆はパニックとなりました。

地元の警察署長Khem Sophannra氏は「工場の警備員・地方警察などの地方自治体が近くの病院に、彼らを搬送する手助けをした。症状に陥った友人たちの手助けをした一部の労働者は、疲労が原因かもしれない。しかし今は、彼らの体調は良くなっています。」とコメントしています。

NSSFの報告書によりますと、今年の約7ヶ月間で1,665人の労働者が意識を失い、昨年の同時期には1,603人だったそうです。

今年5月、NSSFのOuk Samvithya局長は、めまい・呼吸困難・ストレスによって意識を失うと述べています。

「すべての労働者は健康のために社会保障制度に加入しなければならない。雇用主やオーナーは、労働者を保健室で休ませたり、NSSFと合意した施設に搬送する義務があります。」とSamvithya氏は言及しました。

また7月、労働者団体は「労働環境の室温の高さ・換気不足・栄養失調のために、カンボジアの工場で一連の意識を失う症状が起こっている」と述べました。

出典;KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。