外国人 詐欺により逮捕(11月13日)

外国人 詐欺により逮捕(11月13日)

 

プノンペン市の裁判所は昨日、二月からカンボジアにて捜査してきたVoIP詐欺の容疑で、4人の台湾人と25人のタイ人らに2年から3年の禁固刑を言い渡しました。

裁判の官Kor Vandy氏は台湾人男性をChen Tungshou氏(32歳)、Lai Chiensyuan氏(28歳)、Fu Chi Jic氏(29歳)そしてLin Rueimin氏(39歳)と特定しました。

「裁判所は、告発された4人の台湾人男性らにそれぞれ3年間の懲役を言い渡すつもりでしたが、刑期はそれぞれ10ヶ月に短縮されました。また、8人の女性を含むタイの被告25人を刑務所で2年間拘留する予定でしたが、こちらもまた、刑期が短縮され懲役10ヵ月となりました。29人の外国人は刑務所で服役した後、カンボジアから追放されるでしょう。彼らは詐欺の容疑で告発されました」Vandy氏はコメントしています。

バンディー裁判官は「29人はSen Sok地区の賃貸住宅を襲撃した2月16日午後9時半頃、逮捕されました。詐欺に関するいくつかのVoIP電話、携帯電話、その他物品を押収しましたと」発表しました。

昨日、弁護士のChheav Hourlay氏は、「判決は被告に公正でない」指摘しました。

4人の台湾人の被告は10月18日の裁判で、VoIPの詐欺を行ったことを否定し、コンピュータ技術者であるだけだと主張しました。彼らは身元不明の中国人男性たちに雇われ、毎月2,000ドルを支払ったそうです。

しかし25人のタイ人は、4人の台湾人たちに雇われ、毎月700〜1,500ドルを支払ったという犯行を認めました。彼らは貧しく、お金が必要だったため詐欺に参加したと言いました。タイで家族を支援するためのお金が必要だったそうです。

出典;KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。