外国人観光客は依然として少ない。

6月1週目、158,000人が国内観光に訪れた。この数字はタオン・コン観光大臣(Thong Khon)によって示され、また前の週に比べて国内観光客は24%増加すると述べられている。沿岸地域が最も観光客に人気で、バタンバン州(Battambang)では約13%の増加が見られた。大臣はシェムリアップ州(Siem Reap)もまた緩やかではあるが増加傾向にあると述べている。今月の1週目に、カンボジアでは3,656人の外国人観光客を記録し、約30%の上向きを示した。

航空便の減少、ビザや健康保険を含む厳しい入国制限、そして関連費用によって今の時点での観光客数にこのような事態を招いている。

(各種ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)