増加する外国人主導のサイバー犯罪報告(3月5日)

増加する外国人主導のサイバー犯罪報告(3月5日)

 

昨日移民局は、VoIP詐欺を犯して違法なギャンブルを行っている外国人の数が昨年増加したと報じました。
同部の捜査長、Uk Heisela中尉は、捕まった犯罪者の数は100人以上増えたと述べました。
「昨年これらの犯罪を犯した中国人の数は、2017年のデータと比較して100人以上増加した。2017年には、300人以上の中国人が国外追放されました。」と彼は述べました。

同局は昨日、2018年の年次報告を発表し、昨年VoIP詐欺や違法なギャンブルに関与している何百人もの外国人を発見したと伝えています。
「VoIP犯罪と違法なオンラインギャンブル犯罪が14回発生し、403人の中国人と48人のマレーシア人を逮捕しました。」と同局は言いました。
Gen Heisela中尉は、同局は今後も外国人による犯罪を取り締まると述べました。
「私たちはカンボジアで犯罪を犯した外国人に対して寛大ではないでしょう。そして、私たちは彼らに対して行動を起こすために対策を強化し続けるでしょう」と同氏は言いました。「しかし、私たちはカンボジアの法律を守っているすべての外国人に機会を提供します。」
報告によると、移民警察は昨年カンボジアで働いて居住している何百人もの外国人を取り締まり、35,001件の不正文書を押収しました。

同局によると、2014年以降93カ国から14,909人の外国人が国外追放されました。そのうち1,649人の中国人が経済犯罪を犯したとされています。

出典:Khmer Times