地雷による死者数が減少(5/12)

カンボジア地雷捜査局(CMAA)は月曜日の報告で、今年1月から4月の4か月間に26人が地雷と不発弾(UXO)により死傷したと発表しました。

この数は、昨年の50人の犠牲者が記録された同時期と比較して、48%の減少を表しています。

「26人の犠牲者のうち、5人が死亡し、21人が重傷と軽傷を負いました。そのうち7人は手足を切断されており、生涯障害となるでしょう。彼らは現在医療チームによって治療されています。」と報告されています。

今年の最初の4か月間で、報告書は王立カンボジア軍、カンボジア地雷行動センター(CMAC)、カンボジア自助地雷除去(CSHD)、ハロートラスト、MAC、ノルウェー人民援助(NPA)およびAPOPOは36,180,704平方メートルをクリアし、4,893の対人地雷、120の対戦車地雷、14,195の戦争の残骸を発見しました。

首相兼CMAAの初代副大統領、Ly Thuch氏は月曜日に地雷と爆発性残骸が農村部と遠隔地のカンボジア人の日常生活に影響を与え続けているとポストに語りました。

「それらを見つけるとき、誰もが注意しなければなりません。触れたり、遊んだり、拾ったりしないでください。爆発して生命を危険にさらす可能性があります。」

「地雷、クラスター爆弾、および戦争の爆発的な残骸は、私たち全員にとってリスクのままです。それらは人々を殺し、障害を与えるだけでなく、個人および国家の経済成長も妨げています。」と述べました。

何百万もの地雷と爆発物の残骸がカンボジアのほぼすべての部分、特に軍事キャンプと国境地域の周りに埋められたと伝えられています。

日曜日に、Preah Vihear州の Rovieng と Kulen地区の居住者によって16の砲弾が発見され、CSHD地雷除去チームによってその場で破壊されました。

CSHDの地雷除去技術担当官であるChhuon Boraは月曜日にポストに次のように語りました「砲弾は60mmから85mmのロケットであり、アメリカ、中国、ロシア、ベトナムで作られました。」

一方、MK82航空機から投下された爆弾は、土曜日に、村人によって発見された後、土曜日に、Ratanakkiri州Veun Sai郡Koh PeakコミューンのPhak Nam村のコミュニティ森林地帯のNPAチームによって取り除かれました。

「2025年までに地雷のないカンボジア」という目標を達成するために、政府は二国間または多国間の地雷除去プロジェクトの支出の10%をカバーすることを約束しました。

政府はまた、東部州の73の地区で基本的なデータ調査を今年完了する予定です。

2020年から2025年にかけて、カンボジアでは、鉱山、クラスター爆弾、爆発的な戦争の残骸を含む806平方kmをクリアするために、さらに3億7700万ドルが必要であると政府は述べています。

(出典:The Phnom Phen Post)