地方での病院新設へ

ブン・ヘン保健大臣(Bun Heng)は、カンボジア全土に効果的な医療サービスを提供するために、政府は農村部での保健インフラの開発に一層尽力すると述べた。

昨日完成したプレアヴィヒア(Preah Vihear)州、チョアム・クサン(Choam Ksan)地区の病院でブン・ヘン氏(Bun Heng)は、農村地域における妊婦と子供の死亡率を減らすために、新しいこの病院が都市から離れた場所でも建設されたと述べた。

政府は保健インフラの構築に焦点を合わせており、特に地方の人々にサービスを提供し、農村地域の開発を発展させると語った。

大臣はまた、地方自治体、地区、村の当局に、新たに建設された病院が円滑に運営されるためにより良い協力を求めた。

 

6月3日、サー・ケン内務大臣(Sar Kheng)は、すべての州の行政当局が地方の人々に効率の良い医療サービスを提供すべきであると述べた。

彼は、政府が地方の保健サービスを強化するために20,000人の保健担当官を地方行政に派遣したと述べた。ケン氏はまた、政府は全国的な医療サービスの実施のために1億6,600万ドルを提供したと述べた。

プレアヴィヒア州知事プラク・ソバン氏(Prak Sovann)は、新しい病院がこの地域の保健サービスの強化に役立つと語った。

 

「この病院は地元の人々がアクセスするのに便利で、地域の人々の健康を守るのに役立つ」と彼は語った。

(各種ニュースを参考に作成・編集しています。)