国連開発計画(UNDP)と Grab 、プノンペンの渋滞解消に向けて提携(6月6日)

国連開発計画(UNDP)と Grab 、プノンペンの渋滞解消に向けて提携(66日)

国連開発計画(UNDP )と配車サービス会社 Grab 社は、プノンペンの交通渋滞解消に向けて、提携しています。

昨日新規締結した合意の下、 Grab は運転手から送られるデータを収集し、政府とUNDPに共有します。政府とUNDPは、本情報を、交通効率改善、安全性向上、大気汚染改善のために活用します。

昨日の署名式で、交通省Sun Chanthol大臣は「 Grab 社は市内の交通情報を収集し、UNDPと協力して政府が交通問題を改善するためにデータを送る」と述べました。

「全てのイニシアチブのための持続可能な都市交通」または「Sumai(スマイ)」と命名されたプロジェクトは、3年がかりの計画で、総費用:約50万ドル、UNDPとグラブが共同で資金を調達します。」

スマイの下で集められた情報は、交通と大気データを含み、公的インフラや都市交通ソリューションに関する政策決定や投資決定に使用されます。

「このプロジェクトの目的は、既存の輸送システムの効率を向上させ、クリーンな車両を宣伝することにより温室効果ガスを削減する。そして、スマートな輸送ソリューション革新を刺激して、すべての人の安全とモビリティの進歩を加速させることです。」

東南アジアにおける Grab 社の責任者であるRussel Cohen氏は、これがカンボジアにおける交通と交通の問題に取り組む最初の官民パートナーシップであると述べました。

UNDPとの継続的なパートナーシップは、東南アジアの都市をより清潔でより住みやすいものにするという我々の野望をさらに助けるのに役立つでしょう。Grab社の貢献には、データ、技術の専門知識、人材の共有、ドライバー、パートナー、乗客の間でのグリーン車両の利用の促進が含まれます。」

UNDPの国連担当ディレクターであるNick Beresford氏は、急速な都市化は世界の生活水準を向上させたが、未曾有の交通渋滞をもたらしたと語りました。

「この取り組みは企業の社会的責任をはるかに超えています。これは、民間部門と公共部門の新しいモデルを提供しています。」と述べました。持続可能な都市開発の中で投資を増やすためのより価値のある政策のためのプラットフォームを提供している」と付け加えました。

Chanthol大臣は、このプロジェクトが首都で首尾よく行われれば、シェムリアップやシアヌークビルのような国内の他の主要都市にも拡張されると述べました。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。