国立 輸血 センター、 輸血 需要増加のため、より多くの献血寄付を求める(6月7日)

国立 輸血 センター、 輸血 需要増加のため、より多くの献血寄付を求める(67日)

国立 輸血 センターは、 輸血 需要が高まっているため、血液供給を増やす必要があると発表しました。

国立 輸血 センターのHok Kim Cheng理事長は、今年、全ての需要を満たす場合には、85,000ユニットの血液が必要で、昨年同期間と比較すると約20%増加していると述べています。

同氏は昨年、NBTCが全国の病院の患者さんに75,000ユニットの血液を配布したと述べています。

「毎年、患者数も増えているため、需要は増加している」と同氏は語っています。「需要を満たすために私たちはより多くの血液が必要である」

2018年の最初の5ヶ月間で、国立 輸血 センターは35千ユニットの血液を受け取りました。

プノンペンにあるCho Ray病院の副社長Sin Sokomoth博士は、同病院は国立 輸血 センターを支援するためにチャリティーイベントを開催すると述べています。

「患者が血液を必要とする時に国立 輸血 センターでは血液供給が不足していることがわかりました。それに対応して、私の病院では年間2回、センターに血液を寄付しています。」と語ります。

プノンペンの献血者であるSem Vichika氏は、社会的な理由として、年に2回血液を提供しています。Vichika氏は、Vichika氏いわく、献血は健康への悪影響があるなど、誤った認識を持っていましたが、医師から献血は健康に悪影響を与えないという説明を受けてそれは誤解だったと気づきました。このような誤解を持っているカンボジア人は多いとのことです。

「私が献血を行うと、誰かを助けることができているように感じる」と彼女は述べていました。

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。