国産肉の生産を拡大

農林水産省(The Ministry of Agriculture)と商務省(The Ministry of Commerce)は、肉の生産と取引の促進と、違法な動物の輸入を取り締まりについての合同会議を行った。

会議は17日にプノンペンで、ベンサコーン農林水産大臣(Veng Sakhon, Minister of Agriculture)とパンソラサック商務大臣(Pan Sorasak, Minister of Commerce )による議長下で行われた。

会議の目的は、畜産について、特にカンボジアの養豚業を推し進めるため、地元市場での肉供給の量と質を確保し、畜産農場と飼料工場への投資を促進することである。

この会議は、豚、鶏、鴨、魚などの畜産を育て国内市場と輸出に供給し、肉の輸入を減らすようにという最近のフン・セン首相(Prime Minister Hun Sen)の勧告に触れたものだ。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)