国民調査のための法制度の作成が進む(6月28日)

国民調査のための法制度の作成が進む(6月28日)

カンボジア内務省は、国際的な義務を果たすために、人口密度、個人情報および人口密度統計に関する法律の作成を進めてています。
同省はこの新たな法律が、カンボジアでの出生、死亡、結婚などの人口密度関連のデータの登録を確実にするために特に役立つと発表しています。

この草案の要約は省庁職員と人口密度、個人情報、人口密度統計等を担当する委員会によって作成されました。

この草案の第一の目的は、 国に住むすべてのカンボジア人を特定するための信頼性の高い効果的な制度を構築するための法的条件を作成し、国勢調査を行うことです。

会議で議長を務めたSar Keng内相は、この課題は政府にとって大きな課題であると語り、「我々はこの課題について頭を悩ませている、私はすべての国民の個人情報を把握することは、政府にとっての挑戦的な取り組みであると考えている。しかし、国民の他地区への移動は常につきものであり、早急に完了する必要がある」と述べました。

出典:The Phnom Penh Post

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。