国政選挙のため、学生に3日間の休暇が与えられることが決定(6月30日)

国政選挙のため、学生に3日間の休暇が与えられることが決定(6月30日)

教育省は、高等教育機関で勉強している学生を7月29日に
行われる国政選挙に参加させるため、3日間の休暇を取らせることを発表しました。

Pit Chamnan教授は、昨年、Hun Sen総理の勧告を受け、高等教育機関すべての理事に宛てた手紙でこの指令を出しました。

同氏によると、学生は7月28日から30日まで3日間の休暇を取り、帰郷して投票をする必要があるとしています。

「すべての高等教育機関の取締役と理事は、この情報を受け取り、効果的に実施してください」と指令で述べられています。

先週金曜日、Hun Sen氏は、プノンペン大学の卒業式で、教育省に対し、すべての大学に、3日間の休暇を与え、国民投票に参加させるように命じました。

さらに同氏は、7月29日日曜日の選挙後、帰郷により月曜日の授業に参加できない学生のために、各大学は学生に休暇を与えなければならないとし、「教育省はこのことをすべての大学に発表しなければならない」と述べています。

Norton 大学の4年生、Nak Oudom氏は、3日間の休暇は、学生が帰郷し投票することを可能にし、自身も休暇によりストレスがなくPrey Veng州に帰郷できると語っています。さらに、「私たちの投票を促進するための省庁の取り組みに感謝したい」「この休暇は特にプノンペンから遠い地方の学生を助けるでしょう」「市民の義務を果たすことができるようになりました」と述べています。

学生の休暇は、労働省が発行した指令により行われます。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。