労働者のための感染防止対策ホットライン

ベターファクトリーカンボジア(BFC)は、COVID-19の蔓延防止の対策として、衣料品や履物、旅行用品、鞄業界の労働者に世界保健機関(WHO)と保健省(MOH)、政府からのガイドラインと推奨事項に基づいて作成された情報を提供するホットラインを立ち上げた。これは、自動音声応答システム(IVR)テクノロジーを使用しており、労働者が出張中にウイルスから自分を守る方法や、感染している疑いがある場合に何をすべきかなど、日頃働くうえでの予防策を電話で聞くことができる。そのため、識字能力が低い労働者でも利用することができる。

具体的には、労働者に石鹸と水で手をよく洗うこと、職場に消毒液を置き補充しておくこと、マスクなどの感染予防対策グッズを準備しておくこと、症状を確認する温度計を持っておくことを促す内容が音声で流れる。

今のところ、カンボジアでの症例数は少ないが、パンデミックはまだ終わっていないため、工場ではソーシャルディスタンスの措置やその他の予防策を引き続き実施する必要があり、全員がこれを理解し、効果的に実施できるように、すべての労働者とスタッフに対策方法を伝達する必要がある。

24時間のホットライン番号:093 644 644

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)