労働省が未払いの労働者への賃金の支払いを約束(8月8日)

労働省が未払いの労働者への賃金の支払いを約束(8月8日)

労働省は、オーナーが死亡したプノンペンのPor Senchey地区の工場を閉鎖した後、賃金が支払われなかった衣類関係の労働者を支援する特別基金を配分することを約束しました。

同省、労働争議委員会のVong Sovann副議長は、不満を抱えている労働者が実施した抗議活動を調査するため、当局がPor Sen Chey地区のKakab CommuneでJulee Apparelの工場を訪問したと発表し、「彼らに会い、影響を受けた労働者のリストを作成しました。私たちの次のステップは、実際のコストを計算した後、労働者のための資金を要求することです。現時点では、その資金がどれくらい受け取れるかはわからない。労働者の資金とその給付について考えているがいつになるかはわからない」と述べました。

Phal Yuthea警察署長は、オーナーのJu Doo Soo氏(49歳)が自宅で自殺しましたが、死亡理由が明らかになっていないことを確認しました。

PrimarkやKie&Kieなどの国際ブランドの下請け工場は、同氏の死後、8月1日に営業を停止しました。

先週、約100人の労働者が工場外で抗議、道路を閉鎖し、会社にただちに問題を解決するよう要求しました。その工場は6ヶ月間だけ稼働していました。

Trey Savorn氏(35歳、4人の子供の母)と彼女の建設労働者の夫は、同省が未払いの賃金問題を8月10日まで解決しようとしていると述べ、労働者たちは抗議をやめました。

「私たちはお金がなく、すぐにこの問題を解決してほしい。この問題をまず解決したいので、まだ新しい仕事を探し始めていない」と同氏は述べました。

労働人権プログラムコーディネーターのKhum Tharo氏は、失業労働者を支援するために、省庁による資金提供の介入を歓迎しました。

しかし、「労働組合、雇用主、労働者など、関係する他の関係者も参加してほしい。当局は法律に基づいて労働者の給付を計算し、失われないようにしたい」と同氏は述べました。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。