内務省の調査で偽のニュースが発覚(7月18日)

内務省の調査で偽のニュースが発覚(718日)

内務省は、ベトナム協会が729日の選挙で投票するように市民に呼びかけたという内容のニュースを製作したFacabookアカウントを調査しています。

内務省のKhieu Sopheak広報担当者は、現在、調査チームがこのようなベトナム協会とは関係のない偽のニュースを流している人物の特定に取り組んでいると発表し、「もしこの人物がカンボジア在住者であれば、訴訟を起こし、国外にいるならば通知を出す」と述べています。

Gen Sopheak氏は、このような嘘のニュースは選挙のプロセスを妨げることを意図して行われていると指摘し、「彼らは、ベトナム人が投票しているといって選挙を無効にする口実にしようとしている。彼らは解散したCNRP(カンボジア救国党)と反逆者のSam Rainsy氏を支持している」と述べました。

同氏は選挙のプロセスを混乱させるとして、偽のニュースを共有しないよう一般市民に求めています。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。