兵士による妻殺害(5/13)

兵士は月曜日に彼の妻と別の兵士の妻を射殺し、その後徒歩で森に逃げ、最終的に軍とのスタンドオフで自殺した。

犯罪は、オダーン・メンチェイ州バンテアイ・アンピル地区のベンコミューンにある介入旅団4の施設で発生した。

地方警察署長のKhul Phinは、兵士を55歳のSoeun Kan、彼の亡くなった妻を50歳のNget Renと特定しました。2番目の犠牲者は30歳女性のLach Taingsmakでした。

菅は介入旅団4の大隊243に属していた。

Kanは部隊に降伏することを拒否したため、致命的に自分を撃った」とPhinは言った。

目撃者によると、KanRenTaingsmakを殺害した後、約50m離れた木造住宅に逃亡しました。

家に隠れている間、Kan70歳の女性と彼女の45人の孫を人質として抱いた。

Kanが家の別の部屋に入ったとき、女性は孫と一緒に脱出し、警察に事件を報告した。

Phin氏は、報告を受けた後、第243大隊の兵士が家を囲み、Kanを呼び、降伏を要求したと語った。

Kan容疑者はこう答えた。「入ってこない、私は幼い子供やおばあさんのことは気にしない。もしあなたが入ろうとするなら、私は彼ら全員を殺すだろう。」

  Kan氏は、女性と孫たちが家を脱出したことを知らなかった。

午後7時ごろ、兵士が家に侵入し、Kanが行方不明になったことを発見した。次に、近くの森を探しました。

Kanの捜索は火曜日の午後1時まで続いた。彼の足跡を見つけた後、近くにいたKanは兵士に彼の武器を発砲し始めました。

兵士たちは彼に降伏を説得しようとしたが、彼は「私は自分を放棄しない」と叫び、自分を撃ち殺したとされている。

ベンコミューンの警察署長であるChhoeung Chbabは火曜日、旅団243の報告によると、KanRenTaingsmakの家に送迎していたと述べた。

報告によると、KanとRenとの論争の数分後に2つの銃声が聞こえたという。

チャバブ氏は事故現場で、2人の女性が死んでいるのが発見され、両方の犠牲者は胸を撃たれていたと述べた。

(出典:The Phnom Penh post)

ビザ取得代行