公務員への医療サービス無料提供がスタート(7月23日)

公務員への医療サービス無料提供がスタート(7月23日)

医療保険が発行された後の最初の6ヶ月間に約10,000人もの公務員と退職者が病院で治療を受けました。

NSSF(国家社会保障基金)は公務員が無料で治療を受けることのできるクリニックや病院の登録数を増やしていくことを発表しました。

NSSFのOur Sam Vichea局長は、現在までに1,325の州立病院と診療所に無料の医療サービスを提供していると述べています。

退職していない公務員は、無料のサービスを受ける前に公務員証を持参し、退職者は退職時のカードを提示する必要があります。

昨年、Norodom Sihamoni国王は、公務員とその退職者のための社会保障医療基金を設立する法令に署名をしました。

この法令には、省庁、機関、国家および準国家機関で働く者を含めた30万人以上の公務員に適用されます。

彼らは、緊急治療、出産前後のケア、病気の相談および、他の多くのサービスが適用される保険を取得できます。

この法令では「社会保障基金が公務員に労働保険を提供することは国家の義務だ」と述べられています。

また、この法令は、退役軍人にも健康保険を提供します。

Its Samheng労働大臣は、すべての公務員に同じ社会保険が適用されると述べました。

NSSFは、公務員が危険な仕事をしている労働者と同じサービスを受けるための制度を設けています。

昨年、NSSFは政府から健康資本基金サービスを創出するために地方の村の役人とその資格の登録を開始しました。

村の公務員は登録されたHealth Equity Fund cardでアクセスをすれば無料で治療を受けることができます。

North communeのTip Prom Mony氏は、村の関係者はすでにNSSFから健康保険カードを入手していると発表し、「職員が健康保険に加入することは非常に重要だ」と述べています。

NSSFには、100万人以上の労働者を対象とする8,000以上の企業が登録されています。

出典:KHMER TIMES

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。