公共の場での 喫煙 、罰金へ(5月28日)

公共の場での 喫煙 、罰金へ(5月28日)

保健省は、公共の場所での 喫煙 者への罰金をもうすぐ開始予定です。またレストランやホテルなどの場所では二重の罰金を科します。

保健省国務次官、タバコ製品管理委員会の常務副会長であるIng Phirun氏は、本計画を木曜日に発表しました。

彼は世界のたばこの日に、健康と司法の省庁が、レストランやホテルなどの公共および禁止地域で 喫煙 した人々を罰するために協力すると述べました。

「私たちには500人以上の査察ワーキンググループがあり、禁じられた地域での 喫煙 者は2万リエル($ 5)の罰金を科される」と彼は語りました。さらに、「ホテルやレストランで 喫煙 が確認されれば、罰金は敷地所有者のために倍増する」と述べました。

保健省の全国健康増進センターであるタバコとアルコール管轄責任者、Ray Rany氏は、本件に関してのコメントを拒否しました。

職場や公共の場での 喫煙 を禁止する法は、20163月に発効。その目的は、人々の健康を保護し、たばこ製品の使用を減らすことでした。

本法令は、公共の場所はレストラン、職場、公的機関、病院、学校、公立公園を指すと述べています。

Kampong Thom州のKampong Thmor Thmor Daゲストハウスのオーナーは、保健省の 喫煙 者への罰金を支持しました。

彼は、 喫煙 は深刻な健康への影響を受け、周囲の人々が受動 喫煙 にて影響を受けると語りました。

「 喫煙 を禁止する看板は、顧客から見えるように置かなければならない」と同氏は述べました。 「ゲストや顧客が怒るのを恐れてはいけない。私たちの場所は清潔、快適で、匂わないことを示す必要があるのだから」

Phirun氏は、カンボジアの 喫煙 者数は168万人に減少したが、人々はまだたばこ関連の病気を治療するのに多額の資金を費やしていると述べました。同省によると、カンボジアの 喫煙 者はたばこに年間約2億ドルを費やしているとのことです。

タバコに関連する病気の治療に、年間で12,670万ドルもの金額が使用されています。さらに、非 喫煙 者の約60%が、職場や公共の場所で間接的に 喫煙 に晒されていました。

 

カンボジア ビザ

カンボジアのビザ取得は安心安全のカンボインフォにお任せくださいませ。