個人を特定する新規法案が年末までに可決へ(5/17)

アイデンティティ総局(GDI)の2020年の行動計画に関する水曜日の会議で、Sar Kheng内務大臣は、部局に「市民登録、登録統計、および身分証明」というタイトルの法律の起草を、加速するように要請しました。

法案は昨年最初に表面化し、その主な目標は間違うことなく市民を特定することです。関係者は法律が今年の末までに完成するだろうと言いました。

Sar Khengは、Covid-19による影響があるないに関わらず、スケジュールを守ることが重要であると述べました。

「それは今年の末までに準備ができている予定です。しかし、Covid-19の危機が更なる問題を引き起こす可能性があります。まず、具体的な計画を立てることが最も重要な作業であり、来年以降も計画を立てる必要があります」とSar Kheng氏は語りました。

大臣は、GDIが法案の最終化を加速し続け、データと人的資源を管理するためのデータベースを試験的に構築しているOne Window Serviceとの識別作業の促進に努めると述べました。

木曜日に確認された内務省の身元確認局の代表者であるTop Nethは、法律が今年の終わりまでに可決されるべきであり、データを収集し、保存して、個人データを維持する権利を決定することを目的としています。

政府が市民から収集したデータは保存および保護されると彼は言いました。「この草案には多くの利害関係者が必要なので、完成させるには少し時間がかかります。しかし、Top Nethの指示に従って、我々は年末までにそれをしなければならない」と彼は言った。

Sar Khengは、この法律はデータの収集、使用、機密情報保持の方法、および政府が国益に役立つためにデータをどのように使用するかについてのガイドラインを提供すると述べました。すべての市民の権利は保護されるだろうと彼は言いました。

(出典:The Phnom Phen Post)