今年と来年のASEAN国別経済成長率の推移

COVID-19が世界中に広まっていることを背景に、ASEAN + 3マクロ経済リサーチオフィス(AMRO)はカンボジアの経済成長率が低下していることを発表した。これは、8月7日にAMROにより発表された「ASEAN + 3地域経済見通し2020」に記載されたデータによるものだ。

シンガポールの最新ニュースによると、今年度のカンボジアの経済成長率は、-1.8%、来年は6.5%に下がると予想されており、4月時点の予想(今年:2.7%、来年:6.8%)を大幅に下回るそうだ。

ASEANでは、ブルネイ(1.6%)、ラオス(0.5%)、ミャンマー(1.1%)、ベトナム(3.1%)の4か国だけが経済成長率を維持できると予想される。

一方で、その他の国の経済成長率は、インドネシア(-0.8)、マレーシア(-3.2%)、シンガポール(-6%)、フィリピン(-6.6%)、タイ(-7.8%)と多くの国で経済成長率の低下が予想される。

AMROは来年の経済成長率に関しては、ブルネイ(3.1%)、タイとラオス(4.6%)、インドネシア(5.2%)、マレーシア(5.7%)、ミャンマー(6.2%)、フィリピン(6.5%)、シンガポールとベトナム(7%)と多くの国で経済成長率がプラスになる見込みを示している。

COVID-19は、20202月以降、世界経済に大混乱をもたらしている。AMROは、感染を封じ込み、経済成長を維持するために様々な対策行ってきた。

(各ニュースサイトを参考に編集・作成しています。)