中国-ASEAN間の貿易拡大(7/22)

カンボジアの当局者、学者、輸出業者は、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)との間の成長する経済貿易関係は、地域における長期的な平和と繁栄を確保するために不可欠であると強調しています。

 

ASEANは2019年前半に中国の第2位の貿易相手国となり、1997年以来初めて米国を追い越しました。中国の関税データによると、ASEANとの中国の貿易は10.5%増の約2兆元(2910億ドル)に達しました。対照的に今年の上半期、米国との中国の貿易は1.8兆元(262億ドル)に9%減少しました。

 

国務長官のスポークスマンSeang Thay氏は、中国がASEANの最も重要な貿易と投資のパートナーの一つであり、その逆もまた同様であると述べた。

 

 

「ASEANと中国はこれまでのところ、経済部門と貿易部門で非常によく協力しています」と彼は新華氏に語った。「中国とASEANの首脳による共同の努力と高いコミットメントにより、双方の間の双方向貿易量は今後数年間で増加し続けると私は信じています。」

 

多国間および二国間の自由貿易協定は、中国とASEANの貿易と投資の関係を大きく後押ししている、と彼は言った。

 

1967年に設立されたASEANは、カンボジア、ブルネイ、インドネシア、ラオス、マレーシア、ダイナマール、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムのグループです。

 

スポークスマンは、今年末までに締結が見込まれている地域包括的経済連携(RCEP)自由貿易協定に関する交渉は、中・ASEAN経済および貿易交流の発展にとって新たな後押しになるだろうと付け加えました。

 

アジアビジョン協会の会長、Chheang Vannarith氏は、中国がASEANの最大の貿易相手国であり、ASEANが中国の2番目に大きい貿易相手国であると述べました。

 

 

 

「両国経済間の経済的相互依存の増大は、この地域における長期的な平和と繁栄の共有の礎石です」と彼は新華社通信に語りました。

 

「保護主義の高まりを背景に、中国とASEANは、経済統合を深め、包括的で開かれた、効果的で規則に基づく多国間システムを推進することを余儀なくされている」と述べました。

 

プノンペンのBELTEI International Universityの上級教授であるJoseph Matthews氏は、中国とASEAN間の経済と貿易の関係が着実に成長しているのは、戦略的相互信頼と双方の信頼によって支えられていると述べました。

 

「中国の相互尊重を尊重し、互いに平等に扱うという中国の原則は、中国とASEANの協力関係を継続的に深めるための基本原則です」と彼は新華社通信に語りました。

 

同氏は、中国は世界経済の安定化要因として非常に重要な役割を果たしており、この地域の貧困を軽減、軽減、そして最終的には解消する原動力となっていると強調しました。

 

 

 

「中国 – ASEANまたは中国 – カンボジアの関係およびパートナーシップは増加しており、将来的にはこの関係はより強くより密接に成長するでしょう」と彼は言いました。

 

最高国民経済会議の上級顧問であるMey Kalyan氏は、中国とASEANの間の経済と貿易の発展が双方と地域全体に利益をもたらしたと述べました。

 

米とバナナを中国に輸出するMekong OryzaとLongmate Agriculture会社のディレクター、Hun Lak氏は、中国とASEANが双方の貿易量の増加による恩恵を受けていると述べました。

 

「それは双方の企業や人々にますます多くの利益をもたらします」と彼は新華に語った。「投資資本、技術、技術力、商品、サービス、中国からASEANへの原材料の流入が非常に多かったため、ASEANの企業と人々はASEANと中国の間の経済貿易協力から大きな恩恵を受けました。」

 

 

カンボジア – 中国貿易量が大きくなると予想される

 

Seang Thay氏は、カンボジアと中国の貿易量は2017年の58億ドルから2018年には60億ドルを超えるまで着実に増加し、2023年には100億ドルに達すると予測していると語りました。

 

「中国は米の最大の買い手であり、最近では中国もカンボジアから黄色のバナナを輸入し始めています」と彼は言った。「これらは私たちの農家に大きな利益をもたらし、雇用を創出し、彼らの収入を増加させました。」

 

スポークスマンによると、今日までに、米、キャッサバ、トウモロコシ、バナナを含むいくつかのカンボジアの農産物が中国に輸出されています。

 

「我々は中国市場に非常に積極的であり、マンゴー、カシューナッツ、リュウガンなどの他のカンボジアの農産物も今後数年間で中国市場に出荷されることが許可されることを願っている」と彼は言いました。

 

マシューズ氏によると、中国は過去2年間で最大のカンボジアの米輸入国となっています。

 

「この傾向はまた、中国への輸出のためにより多くの米や他の換金作物を植えるように地元の農家を動機付けています」と彼は言いました。

 

彼は、中国の投資家と観光客がカンボジア人のために何十万もの雇用を創出することによってカンボジアの社会経済発展に大きく貢献したと言いました。

 

今後も両国の益々の発展が予想できます。

 

出典:Phnom Penh Times